家庭と学校と両輪でありたい

皆さんこんにちは。クレド久が原教室長の平田洋典です。

私たちは、御家庭と学校それぞれと両輪になっていきたいと考えております。

家庭と学校は両輪である

よく、「家庭と学校は両輪である」と言われます。PTAの会合等で、PTA会長や学校長の挨拶にもあるのではないでしょうか。

児童生徒は家庭だけで育つものでも、学校だけで育つものでもありません。家庭と学校が共通の目標をもち、情報を共有しながら一人一人の子どもの未来を作っていくのだと思います。

家庭・学校・地域

「家庭・学校・地域」の協力もまた、よく言われる事柄です。

よって、学校は地域とも両輪となり、児童生徒の成長を見守り、指導支援していくことが必要なのです。

では、地域とは何を指すのか?

まず、交通安全指導員による見守りが思い浮かびます。

また、校外学習で地域の商店街の協力を得ること。

地域を管轄する警察署による交通安全教室。

「子どもを守る家」の存在。

等々。

学校と地域が両輪となることで、保護者(家庭)の方々も安心感が増します。

塾も「地域」の一員でありたい

私たちは「塾も地域の一員として子どもの成長に貢献できたら素敵なことだ」と考えます。

そのように考えて、生徒を指導・支援していくことで、家庭、学校それぞれと両輪になりたいです。

子どもは、家庭で見せる顔、学校で見せる顔、塾で見せる顔が異なります。

それぞれの場で見せる良い表情、良い思考、良い行動があります。

それらを、それぞれの場で褒めて認めて伸ばしていけたら、子どもの自己肯定感も向上します。

私たちも地域の一員として、ぜひ、頑張っていきたいと考えています。

クレドで見せる素晴らしい表情を、御家庭や学校に発信していき、情報を共有していきます。

どうか、今後とも、クレド久が原をよろしくお願い致します。

現在、無料お悩み相談を実施しております

お子さまの進学のこと、日々の生活のこと、学習のこと、不登校も含めた教育相談を受け付けています。10月は火曜日と木曜日の12時30分から15時の間で60分間です。

カウンセラー資格所有の教室長平田(元公立学校教員【16年間】)が保護者の皆さんに寄り添いながら、お声を聴いていきます。

「ただおしゃべりしたい!」、「答えがほしい!」、「どうしたらいいか教えて!!!」という声にもお応えしていきます。お気軽に御予約下さい。

申し込みフォームの「その他」を御選択ください。また、お電話でのお申し込みも受け付けております。

↓ ↓ ↓

無料体験・授業見学随時実施中!

Credo久が原ではすべての授業で無料体験授業を行っています。まずはお気軽に授業を体感していただければと思います。