根拠って必要ですか?

こんにちは、クレドです。

一時期、「エビデンス」という言葉が流行しました。

その後、いたるところで、「エビデンスは?」、「エビデンスに基づく発言を」などと盛んに言われるようになりました。

もともと、エビデンスは限られた分野で用いられている語句だったのですが、今や、広く「根拠・信頼性」という用い方をする人が増えてきたように思います。

この「根拠・信頼性」について、今回は述べたいと思います。

根拠がなければ信頼できない

確かに、基本的には、根拠のない発言、主張に説得力はありませんね。
例えば、「この水を飲めば、足が速くなります。だから、1ℓ3万円です!」と言われた場合。

どうでしょうか?

胡散臭いですよね。

「何が入ってるの?怪しいものを使っているのでは?」

「それで、実際に速くなった人はどれくらいいるの?一人では信用できないな。10人、100人単位でないと」

となるでしょう。

また、スーパーに、「ダイヤモンドパパイヤ!1個12000円」とあったらどうでしょうか?

ダイヤモンドから「輝く」、「高級」を連想するでしょうが、その後「なぜ高級なの?」、「どこでとれたの?」、「希少性は?」、「味は?」などと考えると思います。

これらは一例ですが、やはり、「根拠」がなければ信用などできません。

根拠がいらないこともある

さて、根拠は必要ですね。

ただ、例外もあると思います!

例えば、「自信をもつこと」に関して。

この件に関して根拠が必要であるならば、

「前回の模試で9割とれたから」、

「部活でレギュラーになったから」、

「〇〇に褒められたから」、

という肯定的な経験がベースになってきます。

しかし、現時点で「自分としてはそのような経験がない」と思い込んでしまっている子どもはたくさんいます。大人ですらそうです。

そういう場合、「自信をもつには根拠が必要だよ」と断じてしまうと、どうなるのでしょうか・・・。

追い詰められていくと思います。

自己否定に陥るかもしれません。

さて、自信をもつのに、明確な根拠はいらないのではないでしょうか!?

まず、「自信」は、読んで字の如く「自分を信じる事」と定義づけることもできます。

自分を信じる事に理由なんかいらないではありませんか!

今、生きていること。

この瞬間、悩みつつも生活している、その姿こそ尊いと、私は考えます。

これまで目立った成功体験などがないと思えても、今いる自分を信じても良いのです。

今の自分を信じることで、未来は開けます。

これまでは、もう終わったこと。

今の自分を信じ、認め、進むこと。

それが、未来を創っていきます。

自分を信じるとは、「今ならこれができる」、「〇〇のために、今、これならできる。自分ならできる」と信じることに他ならないように思います。

ただただ、この世に存在する自分を信じて、今を精一杯に生きてみる。

そこから、事態は動いていくように思います。

◆「これまで勉強するやる気が起きなかった」、「もう今更勉強しても無駄だ」と思っている小学生、中学生の皆さん。まだ、大丈夫です。
一度、無料体験授業を受けてみませんか?随時募集しています!◆

無料体験・授業見学随時実施中!

Credo久が原ではすべての授業で無料体験授業を行っています。まずはお気軽に授業を体感していただければと思います。